ブログ

観光地の宿泊施設や飲食店では、ビールサーバーの設置が集客のポイントとなることも

どの観光地においても宿泊施設や飲食店では、取り扱うお酒の種類によって飲み物のオーダー量に影響が出てくる可能性があります。

例えば、ビールサーバーです。

1日中多く歩き回って観光をし、ランチにディナーに少しお酒を飲みたいと思われるお客様もいらっしゃることでしょう。

そんなとき、瓶ビールとコップを「ドンっ!」と出されるよりも、ビールサーバーから注いだばかりの分厚い泡に覆われた生ビールが出てくる状況では、食事に対する美味しいという感情やサービスが良いと感じるでしょう。

 

ホテルや民宿、ペンションなどでも、夕食時にジョッキの生ビールの画像が飲み物メニューにあるとしたら、「じゃぁ生ビールを頼もう」と注文しやすくなるとともに、サービスの評価やお客様の満足度も高くなることが考えられます。

他にも、季節に合ったお酒のチョイスは、お客様の関心が高くなるポイントの部分です。

夏は生ビールやひやおろし、秋以降は日本酒であれば、新酒や秋酒、ワインであればボジョレーヌーボー、冬は熱燗など、メニューで興味を持ってもらえる内容を充実させる方法もあります。

 

倉敷周辺で今後、飲食店の新規開業予定を検討されているオーナー様は備中屋にお気軽にお問い合わせください。

配達や取り扱うドリンクのご提案をすることも可能です。

お問い合わせはこちらから

2021.02.19

pagetop